HOME入会案内


 ■郵便・FAX・E-mailで受付致します


  THEペット法塾の活動に、ご支援を頂きありがとうございます。
  多くの皆様のご参加を容易にするために会費を下記の通り変更いたします。
1 変更内容(赤字部分)   サポーター会員 年会費3,000円コースを設けます。   なお、学生の皆様など特別の事情のある方は1,000円の会費とし、   事務局までご連絡いただき承認手続を取ります。
  ・法人会員 年会費    20、000円   ・維持会員U年会費    20、000円   ・維持会員T年会費    10、000円   ・一般会員 年会費     5、000円   ・サポーター会員 年会費  3、000円    年度は毎年6月1日から翌年5月31日までとします。
2 途中入会について  6月1日から11月30日までのご入会は満額を、12月1日から翌年5月31日までの   ご入会はその半額をお納めください。
3 THEペット法塾会員   ・年約10回のTHEペット法塾勉強会(大阪プロボノセンターで開催)の出席、動物問題    の相談   ・メーリングリストへの登録、現場の情報等の交流、THEペット法塾からの情報提供など   ・THEペット法塾の活動への参加    現在、@改正動物愛護法の実行化のための行政、業界などへのアンケートの活動、    A動物愛護の活動のニュースを集めて発信する作業にご協力を頂ける方を募集しています。   ・動物法ニュース(発行責任者:弁護士植田勝博)の編集にもご参加をして頂きます。
  <THEペット法塾入会申込先>   ★入会ご希望の方は、@お名前 Aご住所 B電話番号 Cメールアドレス D会員種別              をご記入のうえ、下記へ郵送又は、送信をお願いいたします。
         事務局:大阪市北区西天満6丁目7番4号大阪弁護士ビル4階      植田勝博法律事務所:TEL 06-6362-8177 / FAX 06-6362-8178        会計 村岡眞澄:TEL 090-1953-4152
         E-mail uedalaw@skyblue.ocn.ne.jp             ( 件名にpet-law入会とご記入ください。)
     <THEペット法塾年会費 振込先>          銀行口座 みずほ銀行 神戸支店 普通 1578619           口座名 THEペット法塾           ご氏名            住所          電話番号          E-mailアドレス(又は FAX番号)
 注 記:  @ THEペット法塾は、平成24年1月20日、6月19日の2回にわたり300人を    集めた衆議院会館での意見交流会をし、同年8月には国会議員へ「動物愛護法、実験動物」    の意見書提出の活動をし、11月18日に、改正動物愛護法の大阪交流集会    (ドーンセンター)をしてきました。    活動に要する経費が数十万円規模で要し活動が制約される状況にあります。    活動と支援のために多くの皆様のご参加をお願いいたします。    THEペット法塾は、2009(平成21)年に設立し、活動内容は、勉強会、動物相談、    現場の動物事件の取り組み、意見書の提出、社会システム、立法などの法システムの    改変のために、全国規模で活動をしています。  A 動物法ニュースについて    動物法ニュース(2003年3月に日本セラピードッグ以後、年4回発行し、    2013(平成25)年4月に40号(10年)を発行します。今年が10周年です。    発行責任者:弁護士植田勝博。代表:林良博先生(東京大学元教授)、吉田眞澄先生    (現帯広畜産大学教授、副学長)です。    「動物の命」、「人と動物の共生」を基本理念に、政治家、行政、学者、弁護士、業界、    動物愛護に取組み活動や成果、判例、申入書などを掲載しています。    愛護動物、実験動物、産業動物、野生動物など動物に関する意見を交流して、あるべき    動物と人のあり方を目指しています。  動物法ニュース     E-mail doubutuhounews@gmail.com          

 


 【個人情報の保護について】


 ◇個人情報の適切な保護を行います。

 ◇氏名・住所・電話番号などの個人情報は、必要な作業、情報提供業務の遂行以外に使用する
  ことはございません。

 ◇法令に定められている場合を除き、ご本人の同意を得ることな個人情報を第三者に提供いた
  しません。

 ◇発送作業など外部に業務委託する場合には、個人情報の取扱いについて適切な監督を行います。

 

 

 
このページのトップへ
 

 

inserted by FC2 system